コインパーキング投資は、マンションやアパート投資よりも初期費用が抑えられる上、狭小地やいびつな形の土地でも活用できるというメリットがあります。そのため、現在土地の有効活用を考えている方や投資初心者でも始めやすい方法の1つと言えるでしょう。

当記事では、コインパーキング投資のメリットやリスク、利回り、コインパーキング投資を成功させるコツなどを紹介します。土地を活用して安定した収益を得たいと考えている方や、コインパーキング投資に興味がある方はぜひご覧ください。

 

1. コインパーキング投資とは

コインパーキング投資とは、所有している土地でコインパーキングを経営して利益を得る投資です。狭い土地でも活用しやすく、アパートやマンション投資より費用を抑えられるのが魅力です。

駐車場経営は、月単位で利用者と契約する月極駐車場と、時間単位で貸し出すコインパーキングの2種類に分けられます。病院や商業施設の周辺、繫華街など人の出入りが多い立地であれば、コインパーキング投資が有利です。

経営方法には、「個人経営方式」と「管理委託方式」、「一括借り上げ方式」があります。多くの方はコインパーキング運営の一部、もしくはすべてを管理会社に任せられる「管理委託方式」や「一括借り上げ方式」を選んでいます。

中でも「一括借り上げ方式」は、管理会社に土地を貸し出すだけで毎月一定額の収入を得られるのが魅力です。オーナーが管理業務やトラブル対応をする必要もありません。

 

2. コインパーキング投資のメリット

コインパーキング投資は、手軽に始められるのが魅力です。建築には使いにくい土地も、コインパーキングであれば活用できる可能性があります。ここでは、他の不動産投資とは異なるコインパーキング投資のメリットを紹介します。

 

2-1. 初期費用を抑えられる

コインパーキング投資は、代表的な土地活用であるマンションやアパート投資と比べると初期費用が抑えられます。土地さえあれば、銀行から借入する必要のない程度の初期費用で始められる場合も少なくありません。建物を建てる必要もなく、コインパーキングに必要な精算機やロック板などの設備費も、一括借り上げ方式を選択すれば管理会社に負担してもらえます。

専門業者が存在するため、コインパーキングや経営に詳しくない方でも投資を始められるのも魅力です。コインパーキング開設に必要な工事や機器の設置はもちろん、運営管理まですべて委託できるため、業者へ土地を貸すだけで収益を得ることができます。

 

2-2. 土地の形状に左右されない

建物を建てられないような狭小地やいびつな形の土地でも、車が出入りするスペースが確保できれば、コインパーキングとして活用できます。都市部や繁華街などのスペースが限られた場所も有効活用でき、かつ高い稼働率が期待できるでしょう。

有効活用しにくい三角地や傾斜がある土地であっても、駅前や観光地などのエリアでは駐車場としての需要があります。駐車台数が限られる土地もコインパーキングとして運用できるため、自宅の敷地の一部をコインパーキングとして貸し出す方法もあります。

 

2-3. 事業の始めから終わりまでスムーズにできる

アパートやマンション投資とは異なり、コインパーキング投資は開始や撤退がしやすいのも魅力です。コインパーキングを始めるには、土地を更地にして、アスファルト舗装と必要な機器を設置するのみです。オープンまでの工期は短く、賃貸物件のように契約者を募る必要もありません。

撤退する場合も、建物を取り壊すような大がかりな工事は不要です。将来的に土地を別の目的で使用するまでのつなぎとして、コインパーキング投資を行なうこともできます。

土地活用や駐車場経営でお悩みの方
タイムパーキングにご相談下さい!

 

3. コインパーキング投資のリスクは?

初期費用が抑えられるコインパーキング投資には、住宅用地より税金が高かったり、ランニングコストがかかったりするデメリットもあります。

ここでは、コインパーキング投資のリスクや注意点を紹介します。

 

3-1. 節税対策になりにくい

住宅が立っている土地は住宅用地とみなされ、固定資産税や都市計画税において特定の軽減措置が適用されます。固定資産税の場合、住宅用地が200平方メートル以下であれば課税標準額が価格の6分の1に軽減されます。さらに200平方メートルを超える場合は、超えた部分の課税標準額は価格の3分の1です。

出典:総務省「固定資産税」

しかし、コインパーキングは住宅用地ではないため、軽減措置を受けることができません。これまで住宅用地として保有していた土地であれば、固定資産税や都市計画税の満額課税に伴い、税額が変わる可能性があることを念頭に置く必要があります。

出典:総務省「都市計画税」

 

3-2. ランニングコストがかかる

コインパーキング投資を始めると、ランニングコストが発生します。精算機やロック板、ゲートにかかる電気代や機械のメンテナンス費用が主なランニングコストです。さらに利用者の支払い方法に応じた決済手数料や清掃費、管理費、コールセンター費などが必要となる場合もあります。

土地だけを貸し出す「一括借り上げ方式」を選べば、ランニングコストは管理会社が負担するのが一般的です。ランニングコストや売上の変動などのデメリットを解消するには、「一括借り上げ方式」を選ぶのがおすすめです。

 

3-3. 好条件の土地を見つけにくい

土地を所有していない方がコインパーキング投資を始めるのであれば、土地選びから始める必要があります。コインパーキングの需要が高い土地は、下記の通りです。

  • 駅前
  • オフィス街
  • 観光地
  • 繁華街
  • 周辺にコインパーキングが少ない場所

駅前や繁華街など好条件の土地は取得価格が高く、初期費用の回収には時間がかかります。コインパーキングの収益は、満車状態が頻繁にあったとしても限界があります。利用料金を値上げすると顧客が減る可能性も考えられるため、収益の増加を目指すのは簡単ではありません。コインパーキング投資を土地購入から始める場合は、慎重に場所を選定する必要があるでしょう。

 

4. コインパーキング投資の利回り

投資を始める際に知っておきたい指標の1つに利回りがあります。利回りとは、投資金額に対する収益の割合です。投資の収益性を評価するさらに細かい指標として、表面利回りと実質利回りがあります。

表面利回りは、諸費用を考慮せず、単純に1年間の収益を投資額で割った割合です。一方で実質利回りは、1年間の収益から1年間の諸費用を差し引いた額を投資額で割った割合を指します。実質利回りで考慮する諸費用には、固定資産税や都市計画税、設備のメンテナンス費などを含みます。表面利回りと実質利回りの計算方法は、下記の通りです。

表面利回り = 満車時の年間収益 ÷ 投資額×100

実質利回り=(年間収益-諸費用)÷投資額×100(%)

投資の判断には表面利回りではなく、実質利回りが重要です。コインパーキング投資の実質利回りの平均は、約4%と言われています。

さらにコインパーキング投資では、駐車場の稼働率も考慮する必要があります。コインパーキングの稼働率は周辺環境によって大きく異なります。利用者数が多いエリアでも24時間満車が続く状態は難しいため、シミュレーションをする際には注意が必要です。

 

5. コインパーキング投資を成功させるコツ

コインパーキング投資が成功するか否かは、駐車場の稼働率にかかっています。稼働率を左右するのが、コインパーキングの立地と料金設定です。

まず、駅近くや商店街、駐車場不足のエリア、観光地周辺、開発途上地域など、利用者が多く見込まれる場所を選ぶことが重要です。土地から探すのであれば、空き地だけでなく、空き家も確認しましょう。解体費用がかかっても、コインパーキングに適した立地であれば投資価値が高まります。

需要が少ない時間帯には料金を下げるなど、時間帯別の柔軟な料金設定も重要です。ただ細分化するだけでなく、「○時間以上は最大~円」といった分かりやすい上限設定も利用者にとっては魅力的です。

コインパーキング投資では、近隣にある競合コインパーキングの料金設定を注意深く調査する必要があります。わずかな価格差が稼働率を左右することも珍しくありません。周りの相場や利用状況に合わせて、時には価格変更も必要です。しかし、情報収集や競合調査には時間と手間がかかります。効率よく投資を進めるためにも、コインパーキング専門の事業者に相談するのがおすすめです。

土地活用や駐車場経営でお悩みの方
タイムパーキングにご相談下さい!

 

まとめ

コインパーキング投資は、マンションやアパート投資と比較して初期費用を抑えられるほか、事業の始めから終わりまでスムーズにできるというメリットがあります。狭小地やいびつな形の土地でも駐車スペースさえあれば土地を活用できるため、自宅の敷地の一部を活用したいという方にもおすすめの活用方法です。

コインパーキング投資を成功させるには、駅近くや商店街、観光地周辺など利用者が多く見込まれる場所を選ぶことがポイントです。需要が少ない時間帯は価格を下げるなど、柔軟に料金設定することで利用してもらいやすくなります。

タイムパーキング
選べる駐車場経営!

お客様にあった
最適な運用プランを提案します

お任せ駐車場経営
初期費用0円・運用の手間なし・毎月安定収入 お任せ駐車場経営

じぶんで駐車場経営
高リターン・保守メンテナンス業務委託可能 じぶんで駐車場経営

お電話はこちら
お電話はこちら
無料収益診断