駐車場経営は、マンション・アパート経営と比較して、初期費用を抑えて手間なく毎月安定した収益を得やすい方法の1つです。駐車場経営の年収は、駐車場の種類や立地、車庫数、料金設定、導入した設備などさまざまな要素が影響します。駐車場経営の年収を考える際は、駐車場の種類や特徴を把握した上で収益のシミュレーションをすることが重要です。

当記事では、コインパーキングと月極駐車場の収益性や年収の例を紹介します。駐車場経営で土地活用をしたい方は必見です。

 

1. 駐車場経営は儲かるのか

駐車場経営は、不動産投資における手法の1つです。賃貸経営よりも収益性が低い面はありつつも、駐車場経営は初期費用や管理コストを抑えられるメリットがあります。所有している土地を低リスクで運用したい方におすすめの投資方法です。

以下では、駐車場経営における主な運営方式と年収を左右する要素について解説します。

 

1-1. 駐車場経営の運営方式

駐車場経営の運営方式は、主にコインパーキングと月極駐車場の2パターンが挙げられます。各運営方式の特徴は、以下の通りです。

コインパーキング
不特定多数の利用者を対象に、時間単位で駐車場を貸し出す運営方式です。精算機やロック板、ゲートなどを設置すれば無人で経営できます。繁華街や商業施設など、交通量が多く高い稼働率が期待できるエリアでの設置に適しています。
月極駐車場
特定の相手と契約して、専用の駐車区画を貸し出す運営方式です。1か月単位で契約するため、車庫が埋まれば安定的に収入を得られます。精算機などの設備を設置せずとも運営でき、初期費用を抑えられるメリットがあります。

収容台数や稼働率など、さまざまな条件によって収益性が決まります。コインパーキングと月極駐車場、どちらの年収が高いかは一概には言えません。

 

1-2. 年収を左右する要素

駐車場経営の年収は、いくつかの要素によって左右されます。土地活用でいくら儲かるのか、収入に影響する主な要素は下記の通りです。

  • 駐車場の立地
  • 車庫数
  • 稼働率
  • 料金設定
  • 導入した設備
  • 駐車場の形式

駐車場の立地に適した運営方式を選ぶと、相応の年収が期待できます。たとえば一時利用の需要が高い場所ではコインパーキングを選び、住宅街など継続利用が見込める地域では月極駐車場を運営すると収入を得やすくなります。

求められる利便性の違いに注目して、最適な運営方式を選びましょう。地域の相場に合わせた料金設定で、車庫数が多く、稼働率が高い駐車場を運営することも大切です。

ほかにも、導入した設備の初期費用や、駐車場の形式ごとに異なる維持費も考慮すべきです。耐久性が高くメンテナンスが容易な設備であれば、維持費を抑えられる分、収入が多くなります。

 

2. 駐車場経営|コインパーキングにおける年収の例

コインパーキングのメリットは、立地や時間帯に合わせて柔軟な料金設定ができることです。夜間利用者が多い立地の場合、昼間とは別に深夜料金を設定すると効率的に収入を得られます。長時間利用の多い地域では、時間帯の最大料金を提示すれば集客しやすくなります。

注意点は、駐車場の舗装や精算機など設備の設置で初期費用がかかることです。時間単位で不特定多数を対象に貸し出すため、料金を徴収したり車の出入りを管理したりするための設備が必要です。ただし、経営方式によっては、初期費用を抑えられる可能性もあります。

以下では、コインパーキングの収益性や年収の例を紹介します。

 

2-1. コインパーキングの収益性

コインパーキングの収益性をはかるときは、まず経営方式を選びます。経営方式は大きく分けて、自主管理方式と一括借り上げ方式の2つです。

自主管理方式は個人経営のことで、駐車場の運営や維持管理、集客など経営に関するすべての業務を自ら行います。一括借り上げ方式は、駐車場運営会社に土地を借り上げてもらい、経営を委託する方法です。

一括借り上げ方式を選んだ場合、駐車場の稼働率や売上にかかわらず毎月一定の収入を得られるメリットがあります。自主管理方式は委託手数料がかからず、売上のすべてを収入として受け取れます。

駐車場の管理とは?管理方法の種類や主な仕事内容も解説

 

2-2. コインパーキングの年収例

ここでは、個人でコインパーキング経営した場合の収益をシミュレーションします。12台分の駐車場を1台につき1時間600円で8時間稼働した場合の売上は、下記の通りです。

600円×8時間×12台×30日=172万8千円

1年間で考えると、2,073万6千円の売上です。ただし、厳密にはメンテナンス費用や設備の電気代など経費を差し引いて、残った金額が実際の収入となります。

上記の計算内容は、あくまでイメージです。土地ごとに相場や最大料金の設定、稼働率が異なるため、算出される収益も変動します。経費や事業所得は確定申告の内容にも反映されるため、収益シミュレーションは可能な限り細かく行いましょう。

一括借り上げ方式は、稼働率に関係なく契約に沿った一定の賃料が得られます。

現在所有の土地から
カンタン収益診断!

ご計画地の都道府県

現在のご利用状況

お電話でもご相談下さい!

電話受付時間9:30~18:30

 

3. 駐車場経営|月極駐車場における年収の例

月極駐車場のメリットは、月単位の契約によって駐車料金の収入計算がしやすいことです。時間単位のコインパーキングとは異なり、深夜料金や時間帯最大料金を細かく計算する必要がありません。また契約者さえ確保できれば、毎月安定した売上を出せるメリットもあります。屋根や照明などの設備がほとんどない青空駐車場なら、維持費も最低限で済みます。

注意点は、契約数や車庫数によって収入が左右されることです。契約数が少なく駐車場に空きが増えれば、売上が大きく減ります。仮にすべて埋まっていても、車庫数自体が少なければ、売上の上限も相応の金額となるでしょう。

以下では、月極駐車場の収益性や年収の例を紹介します。

 

3-1. 月極駐車場の収益性

月極駐車場の収益は車の収容台数と、設定した賃料によって変動します。収容台数に対して十分な契約者が集まらなかった場合、収入は低くなります。加えて、新たに空きが出た場合は、契約者を得るための広告費も必要です。

設定した賃料も、収益に影響します。月極駐車場にも、コインパーキングと同じく地域ごとの相場があります。相場以上の料金を設定すれば、契約者の確保は困難です。

一方で、設備に関する初期費用や維持費を抑えられる点はメリットと言えます。月極駐車場は出庫・入庫のたびに料金を徴収するわけではないため、精算機などにかける費用を抑えられます。

 

3-2. 月極駐車場の年収例

仮に12台分の月極駐車場を運営するとして、1台あたり月額3万円で貸し出した場合の収益は下記の通りです。

月額3万円×12台=36万円

契約が1年間継続した場合、432万円の収益となります。コインパーキングのケースと同じく、実際の収入は維持費などの経費を差し引いた残額です。

月極駐車場も個人経営のほか、管理会社に委託したり駐車場運営会社に一括借り上げしてもらったりする方法があります。外部委託する場合は、売上から委託費用を差し引いて収益を計算しましょう。

 

4. 駐車場経営の年収を上げる方法は?

駐車場経営で少しでも高い年収を得るには、下記4つのポイントを押さえることが大切です。

  • 土地に合った方法で経営する
  • 需要と費用を考慮して土地を選ぶ
  • 業者を慎重に選ぶ
  • 状況に合わせて料金設定を見直す

土地の大きさや立地によって、適した経営方法は異なります。月極駐車場のほうが集客しやすいのか、コインパーキングのほうが稼働率を期待できるのか、周辺環境を調べて判断しましょう。

経営を安定させるには、収入のみならず費用面を視野に入れた土地選びも大切です。需要が高く、固定資産税が安い土地が見つかれば、費用を抑えつつ儲けやすくなります。人気エリアでも、裏道に一本入った場所にあったり周辺道路が細かったりすると多少の違いで固定資産税に差がつくことがあります。

管理や運営を委託する場合、業者選びも年収を左右するポイントです。初期費用が低い業者を選ぶと利回りが高くなります。

こまめに競合の料金相場や需要を調査して、設定料金の見直しも検討しましょう。金額そのものを安くしなくても、表記を1時間単位から30分ごとに変更する程度でも利用者の印象は異なります。

土地活用や駐車場経営でお悩みの方
タイムパーキングにご相談下さい!

 

まとめ

駐車場経営の年収は、駐車場の種類や立地、稼働率などの要素に左右されます。駐車場にはコインパーキングと月極駐車場があるので、それぞれの特徴や収益性を把握した上で条件を設定し収益のシミュレーションをしましょう。

コインパーキングであれば、土地を一括で運営会社に借り上げてもらい経営を委託する、一括借り上げ方式を選ぶのがおすすめです。一括借り上げ方式は手間をかけず毎月一定の収入を得られるので、初めて土地活用をする方や安定経営重視の方に向いています。

タイムパーキング
選べる駐車場経営!

お客様にあった
最適な運用プランを提案します

お任せ駐車場経営
初期費用0円・運用の手間なし・毎月安定収入 お任せ駐車場経営

じぶんで駐車場経営
高リターン・保守メンテナンス業務委託可能 じぶんで駐車場経営

お電話はこちら
お電話はこちら
無料収益診断